コンテンツ一覧

購入方法をチェック

タイヤ

依頼先を探そう

持ち込みでタイヤ交換をする場合、気をつけたいポイントを紹介します。まずは、お店が持ち込みに対応しているかどうか。細かい条件以前の話で、そもそもタイヤの持ち込み自体を拒否しているお店もあります。次に、自分の車の車種や、タイヤのサイズなどに対応可能かどうか。お店によって対応可能な条件が大きく違います。輸入車を断っている所、タイヤのサイズが小さいもの、または大きいものは不可といった所もあります。これは、タイヤ交換する為の工具の有無や、特殊な作業が出来る技術スタッフの有無などによるものです。持ち込みでのタイヤ交換を求めるという事は、他の場所でタイヤを買った、もしくは買う予定だからでしょう。そこで、タイヤ交換予定のお店に、タイヤの直送に対応しているか確認しておくといいでしょう。対応してくれている場合、購入先から文字通り、作業先へ直接タイヤを送る事が出来ます。ネットなどで購入したタイヤを自宅で受け取り、それをお店まで運ぶ、といった手間が省けます。ただし、着払いや代金引き換えなどには対応していないので、タイヤの決済は先に済ませておきましょう。送ったタイヤを預かってくれる期間、作業予定日のどれ位前までに届いているべきかも、お店に確認しましょう。この他、ネットなどでタイヤを購入する際は、ホイールに合ったもの、年式の新しいものを購入するようにしましょう。ホイールに対しあまりにも無茶なもの(極度の引っ張りタイヤなど)、経年劣化でゴム質が硬化したものなど、ものによっては作業を断られる場合もあります。もちろん、タイヤ交換するための作業工賃なども、お店によって違うので、よく確かめた上で有効活用しましょう。