コンテンツ一覧

タイヤとその購入

車輪

購入時期による価格の違い

冬場などに凍結した道を自動車で走る際、欠かすことのできないものとしてスタッドレスタイヤがある。スタッドレスタイヤは、通常のタイヤに比べ溝が深く掘りこまれている為、道が凍結している場合などにおいても比較的滑りにくくできるタイヤである。これらのスタッドレスタイヤを購入する際には、カー用品店などで購入することができる。スタッドレスタイヤは、1本当たり数千円から数万円程度することが相場となっており、タイヤが大きくなるほど相場額が高くなることが通常となっている。また、タイヤの機能性の高さなどによっても価格が高くなる傾向がある。最近では、カー用品店以外にネット購入し配送してもらうサービスを利用するケースも増えている。ネット購入では、店舗購入に比べ安くなるケースがあるため、人気となっている。スタッドレスタイヤを購入する際には、購入時期により特徴がある。冬前の10月あたりでは、そのシーズン向けの最新のスタッドレスタイヤが販売される傾向がある。その為、より機能性の高いスタッドレスタイヤをいち早く購入したい場合にはこれらのシーズンが最適である。逆に値段を抑えながら購入したい場合には、夏場での購入が良い。夏場では、前シーズンに売れ残ったスタッドレスタイヤが中心で販売される傾向がある。その為、秋や冬に購入することに比べ、型落ちモデルになるが比較的安価に購入できる傾向がある。最新のものか価格を重視するかで、購入時期を選ぶと良い。