コンテンツ一覧

購入方法をチェック

タイヤ

タイヤを各自で購入する事と、持ち込みでタイヤ交換する事はセットで考えるものといえます。タイヤのほうは簡単に安く購入する事が出来るようになりました。しかし、タイヤ交換のほうは店舗によって条件が様々です。それを理解して、タイヤ交換先を探しておく事も大切なことです。

詳しく見る

タイヤとその購入

車輪

スタッドレスタイヤは、凍結した道などを走行する場合欠かすことのできないものである。1本当たり数千円から数万円程度が相場であるが、購入時期により価格が変わる傾向がある。安く購入したい場合には、夏場の購入が良い。

詳しく見る

冬の雪道を走るなら

取り付け

冬用のタイヤを使おう

雪道や凍結した道路で滑らずに安全に走行できるように開発されたのがスタッドレスタイヤです。以前はタイヤに鋲を打ち込んだスパイクタイヤが主流でしたが、乾燥した路面ではアスファルトを削ってしまうことから平成3年から禁止されています。そこでスパイクタイヤに変わって、路面を削ることのないスタッドレスタイヤが誕生しました。タイヤが滑る理由は氷そのものではなく、溶けた氷がタイヤとの隙間に水の膜を作り滑らせます。スタッドレスタイヤは水の膜を取り除き、路面とタイヤを密着させるため滑りにくくなっています。雪が降る地域や路面が凍りやすい地域ではスタッドレスタイヤの装着は当たり前です。しかし都会などでは所持している方も少なく、いざ凍結した路面を走行する時にトラブルを起こしやすくなっています。そこで対策として普通タイヤにチェーンを撒きます。チェーンには金属タイプと非金属タイプがあります。いずれもスタッドレスタイヤに比べると価格は安く、雪道やアイスバーンでの性能は高くなっています。ただし、着脱が面倒、乾いた路面では走行できない、走行速度が制限される、乗り心地が悪いなどというネックもあります。基本的に雪の心配はなく、路面が凍結するリスクも少ない地域ならチェーンでもいいかもしれません。しかし、冬場は常に備えておかなくてはならない方はもちろん、高速道路を走る方にはスタッドレスタイヤのほうが利便性が高くなっています。

交換費用を抑えたいなら

車輪

タイヤ交換をする際に費用を抑えたい場合にはインターネットで格安のタイヤを購入するという方法があります。しかし、その場合には持ち込みでタイヤ交換をしてくれるお店が限られてしまうために事前に確認することが大切です。近くにそういったお店が無い場合にはガソリンスタンドでタイヤ交換を行うという方法もあります。

詳しく見る

雪が降る地域なら必須

男女

雪が滅多に降らないエリアだとしても、可能性があるのなら、スタッドレスタイヤは必須のアイテムです。各メーカーの公式サイトに滑りにくさの説明があるので、そちらを確認して、雪道を安全に走れるものを選定しましょう。

詳しく見る

割安になることが多い

タイヤ

車のタイヤ交換は専門店で行いましょう。その際、タイヤの持ち込みをおすすめします。その方が割安料金で交換できることがあるからです。店舗はインターネットで探してみましょう。車ごと店舗に持ち込みとなるため、自宅から近いお店がおすすめです。

詳しく見る